お勧めの本:「投資苑」

お勧めの本お勧めの本

精神分析医のアレキサンダー・エルダー博士がプロのトレーダーになって書いた心理学的アプローチ本。

前半は精神面についての話であり、勝てる手法などを探し求めている人が読み始めると最後まで読めないパターンの本です。

しかし、書いてあることはトレーダーとして成功するために必要で大切なことばかりです。

第2章まで読んで、理解できない、同感できない、著者が勧めている行動を実行に移す気持ちが湧かない場合は、まだこの本を読む段階ではないでしょう。

トレードの本質が理解できていないと思われますので、マーケットの魔術師などからトレーダーの考え方や精神面の必要性を感じとる必要があります。

著書の中に「腕利きのトレーダーのゴールはおカネを儲けるということではありません。彼らのゴールは「うまくトレードする」ということに尽きるのです。」という部分があります。

つまり、勝ちや儲けばかりを考えているトレーダーは腕利きにはなれない、うまくトレードすることを実行した結果、お金が残る、ということでしょう。

そのためには何が必要でどういった行動をすればよいのか、それがこの本には書いてあります。

この本を読めば読むほど、トレードは手法ではなく精神面が重要であることがよくわかります。

トレーディングというものは知的にはかなり単純なものです。

医者や弁護士、建築士などに比べるとトレードに必要な知識はかなり少なく、その専門度もそれほど高度である必要はありません。

にもかかわらず成功する人が極端に少ないのは、やはり精神面にヒントが隠されているのでしょう。

この本の後半はテクニカル分析やトレードルールについても書いてありますが、これについては主に基本的なことが紹介されています。

マイルールを形成するうえで参考になることでしょう。

この本の中の心理的アプローチで、私が特に参考になった部分は次の項目です。

・ マイナス・サム・ゲーム
・ スリッページ
・ 自己現実
・ 頭脳にまつわる幻想
・ 資金量が少ないという幻想
・ 故意の自己破壊
・ 自己破滅性を制御する
・ ルールをねじ曲げる
・ 現実否定
・ どん底
・ 苦境のなかで
・ マーケットは大海のようなもの
・ 個人トレーダー
・ 機関投資家
・ 群衆心理の専門家
・ 群衆からの独立
・ 社会の心理
・ 管理対予測
・ マーケットを読み、自分を管理する

次の言葉を胸に刻み、日々精進しましょう。

・ 過去から学ばない人は失敗を繰り返すことを避けられない。

・ 損することをやめるにはどうしたらよいのかを自分で考え、そしてそれに向かって自分を変革しなければならない。

・ 生き残ったごくわずかな人たちは、主要な問題は自分の手法にあるのではなく、自分の思考にあるのだということを悟る。

・ 彼らはこれによって変わることができ、成功するトレーダーとなることができるのだ。

お勧めの本
スポンサーリンク
FXデイトレードで「手法・メンタル・資金管理」を極めるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました