お勧めの本:「新マーケットの魔術師」

お勧めの本お勧めの本

「マーケットの魔術師」の後篇。

この本の中でも、タートルズの創設者であるウイリアム・エックハートへのインタビューは特に印象に残ります。

「損大利小はトレードでの大罪」、「間違ったら切れ」、「少数派として行動しろ」、[損失は人を強くして利益は人を弱くする」、「人間の本性はトレーダーには不利に働く」、「カウンタートレードは破滅する」、「快感を覚える行動は間違っている」などです。

著者のジャック・D. シュワッガーも教訓として「小さな損をすることができなければ、遅かれ早かれ、丸損を経験することになる」と言っているように、どのトップトレーダーも損を小さくして利を大きく取る「損小利大」を目指さなければ資金は残っていかないと教えてくれています。

そのほかにも、
・ビル・リップシュッツ
・ランディ・マッケイ
・マイケル・カー
・ハワード・シドラー
・モンロー・トラウト
・ギル・ブレイク
・ビクター・スペランディオ
・トム・バッソ
・マーク・ワインスタイン
・リンダ・ブラッドフォワード・ラシュキ
・マーク・リッチー
・ジョー・リッチー
・ブレアー・ハル
・チャールズ・フォルクナー
・ロバート・クラウス
などがインタビューに答えています。

私は今の自分にとって必要だと思われる内容だけをまとめて、 金言集を作っています。

そして、トレードを始める前に目を通すようにしています。

エントリーの手法などはデモトレードやFT2で練習することができますが、メンタルの強化は実際にお金がかかったリアルトレードでしか体験することができません。

時間とお金を無駄にしないためにも、まずこういった経験者の話から学ぶべきことを学ぶべきです。

そして、実際のトレードで自分の感情の変化を感じながら、本書に書いてある経験談と照らし合わせて、正しい行動をとるようにするのです。

本書のような本を読んでおくと、「あぁ、こういう感情的になる時にみんな失敗するのか」とか、「この場面で恐怖を感じるようではまだまだロットは上げられないな」とか、普通ではそのまま感情に流されて大失敗してしまう場面でも、行動にブレーキをかけることができるようになります。

そして、先輩たちの警告やアドバイスの通り、「最初は小さく売買する」、「損小利大」、「損切り」、「感情トレードは破滅する」などが、どれだけ重要なのかが理解できるのです。

ここらへんが腹に落ちたあたりから、トレードの本質が見えてきて、そして利益がついてくるようになるのです。

とりあえず読みましょう。

お勧めの本
スポンサーリンク
FXデイトレードで「手法・メンタル・資金管理」を極めるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました